Main menu:

Site search

 

2017年3月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

Links

Archive for 'ブログ'

2016年は9のエネルギー

いつも当サイトをご訪問いただきまして ありがとうございます。 数秘術には9年周期という考え方があり、 人それぞれのサイクルで、 毎年1から9のいずれかの数の影響を受けると考えます。 これは個人のサイクルですが、 それとは別に世の中の流れを示す数もあります。 2016年、 世の中は9のエネルギーが作用します。 9は全てを包括する数です。 1から8のプロセスを経て迎える9は、 「完成と完了」を示しています。 良くも悪くもそれまでの結果があらわれるとされており、 個人サイクルで9の年を迎える場合、 長年の願望が結実するなど実り多い年となる人もいれば、 仕事を辞めたり、人との別れを経験したりするなど、 何らかの終わり迎え、一つの区切りをつける人もいます。 1から8、それまでの全てが9へ流れこんでいき、 エネルギーの変容を起こすのです。 9は、「変容と受容」 その変容の必要性に気づき、 それを受け入れ、流れに乗る。 わかっていて今に執着したり、目を背けたり、 流れに逆らってしまうと、 人生に対立や渾沌が生じ、 ひいてはそれが変化への起爆剤となり、 思いがけない形で変化が促されることがあります。 9は、「新たな未来へ向かう序章」の年。 9は完成と完了、 受容と統合のエネルギーであり、 壮大で寛大、グローバルなエネルギーです。 前回の9の年は、2007年 郵政民営化がスタートした年です。 年金問題や食品偽装問題も大きく取り上げられました。 海外では、 アメリカのサブプライム問題、 バンコクで連続爆弾テロ ミャンマー反政府デモ パキスタンクーデター ネパール、共和制を導入(王制廃止) ケニア暴動 その前は、1998年 長野五輪があった年です。 郵便番号の7桁化開始 明石海峡大橋、北海道の白鳥大橋が開通 日本初の火星探査機「のぞみ」打ち上げ 原宿の歩行者天国廃止 NPO法施行、 海外では、香港国際空港開港 ロシア財政危機 さらに9年前は、1989年 昭和天皇が崩御され、 時代は昭和から平成へと移りました。 消費税がスタートした年でもあります。 海外では、天安門事件、ベルリンの壁崩壊、 [...]

新年のご挨拶

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 旧年中は、当サイトをご利用いただきまして 誠にありがとうございました。 2016年、心新たに、 ご訪問いただく皆さまにより役立つような 運営ができますよう精進して参ります。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 尚、年末年始にかけて、 お問合せやご感想等のメール、 並びに個人鑑定のお申込みを頂いたお客様には 心より御礼申し上げます。 現在、順次、対応をさせて頂いているところです。 恐れ入りますが、 今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。 数秘術講座につきましては、 来週明け(1/12)に詳細のご案内ならびに 募集を開始したいと考えております。 また、興味のある方には講座に関するご要望等もお聞きしたく、 アンケートの実施も同時に予定しておりますので、 その際はご協力いただけると幸いです。 2016年が、皆さまにとって 素晴らしい年となりますように! ありがとうございました。

新年のご挨拶

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 旧年中は、当サイトをご利用いただきまして 誠にありがとうございました。 2015年も、ご訪問いただく皆さまにより役立つような 運営ができますよう精進して参ります。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 尚、年末年始にかけて、 お問合せやご感想等のメール、 並びに個人鑑定のお申込みを頂いたお客様には 心より御礼申し上げます。 実は、都合により、年末からつい先ほどまで メールを開くことができない状況でした。 大変申し訳ありませんが、 これから順次、対応をさせて頂きますので 今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。 2015年が、皆さまにとって 素晴らしい年となりますように! ありがとうございました。

10年後は?

いつも当サイトをご訪問いただきまして ありがとうございます。 今日は小学校の卒業式です。 今朝、集団登校する子供たちを窓から眺めていると、 ランドセルを背負った子供たちの中に スーツを着て少し大人びた6年生がちらほら。 「10年後の自分は?」 PTA新聞の記事を思い出しました。 10年後といえば6年生は、22歳。 サッカー選手、ファッションデザイナー、 パティシェ、調理師、作家、まんが家、 教師、保育士、看護師、美容師、 建築士、消防士、 防衛大に行き航空自衛隊へ まじめなサラリーマン、 市役所に就職、 アルバイトをしてお金をためている、 留学、大学で医学を学ぶ、宇宙について調べる物理学者、 大学に行って夢を叶えようとしている、 大学に落ちてリベンジしてそう(!?) ちなみに、我が家の小1の息子は 絵描きさん   ↓ たけのこ(!?)   ↓ ウルトラマン このような移り変わりを経て、 現在は宇宙飛行士になると言っています。 そして、私も宇宙に連れて行ってくれると 言ってくれています。 楽しみです^^ ところで、サッカー選手を 目指している子供って多いんですね。 中には、「外国のチームで○○番を背負い大活躍!」など とても具体的に述べている子もいました。 他にもいろいろあって、 テニスや水泳、プロバスケットボールなど、 スポーツ選手を目指している子は多かったのですが、 なんと!野球選手は0でした。 私の住む地域には サッカーチームも野球チームもあるのですが・・・。 時代の流れというものでしょうか^^; なにはともあれ、次代を担う子供たち頑張れ! 6年生に贈る校長先生の言葉を通して、 「有り難い」の語源を知りました。 「今生きている私たちは、 偶然と先祖の計らいで生を受けて誕生したのです。 命の尊さに感謝して精いっぱい生きましょう。」 「有り難い」という言葉の語源には このような教えがあるそうです。 徳川家康の遺訓を切り口に、 校長先生はおっしゃいました。 「難があるからこそ、 人のありがたみがわかるのです」 すばらしい~! [...]

「与える」ということ

いつも当サイトをご訪問いただきまして ありがとうございます。 唐突ですが、 みなさんは、夢や希望といった感情は、 “与えたい”と意識して人に与えることはできると思いますか? 先週、東日本大震災から3年が経過し、 被災地をはじめ各地での様子や ドラマなども放送されていましたね。 3年経った今も、心身に傷を背負われたまま 苦労を強いられている人たちのことを思うと どうしようもなく胸が痛みます。 そんな中、ふと、 3年前の知人とのやりとりを思い出しました。 当時、スポーツ選手や芸能人、あるいは甲子園球児など、 震災以降、よく口にしていたある言葉についてです。 それは、自身のプレイや歌などを通して 「夢や希望を与えたい」という言葉です。 当時、その言葉を聞いた一部の人が、 その発言についてどう思うかとブログ等で投げ掛け、 活発に議論されているコメントが目に入りました。 そして、ある日、知人との会話で、 思いがけず同じ話題になりました。 知人いわく、 「夢や希望を与えたい?なにを若造が!しゃらくさい!」 80歳近い知人からすれば、 年長者目線によるところもあったのだとは思いますが 一瞬、冷や汗が・・・^^; その時は、複雑な心境でした。 「与える」という言葉を辞書で調べると、 1. 自分の所有物を他の人に渡して、その人の物とする。現在ではやや改まった言い方で、恩恵的な意味で目下の者に授ける場合に多く用いる。「子供におやつを―・える」「賞を―・える」 2. 相手のためになるものを提供する。「援助を―・える」「注意を―・える」 3. ある人の判断で人に何かをさせる。 (ア) 相手に何かができるようにしてやる。配慮して利用することを認める。「発言の自由を―・える」「口実を―・える」 (イ) 割り当てる。課する。「宿題を―・える」「役割を―・える」 4. 影響を及ぼす。 (ア) 相手に、ある気持ち・感じなどをもたせる。「感銘を-える」「いい印象を-える」「苦痛を-える」 (イ) こうむらせる。「損害を-える」                                  ※参考:goo辞書 「夢」や「希望」の場合、4番に該当するのでしょうか。 けれど、なんとなく1番の意味合いを含んでいるような、 すなわち、物であろうと気持ちであろうと、 人が人に何かを「与える」という言葉を使うことに対して、 上から目線的な、あるいは恩着せがましいニュアンスで 受け止められることが多い気がします。 また、「人が人を変えることはできない」とか、 「自分を変えることができるのは自分だけ」といった言葉があるように、 人の心を変えることなど不可能であり、 [...]