Main menu:

Site search

 

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Links

年末年始のご案内

いつも当サイトをご訪問いただきまして
誠にありがとうございます。

夏以降、ウェブサイトの更新が全くできず、
久々の更新が年末のご挨拶となってしまいました。

お盆前に数秘術講座開講に関する予告もしておりましたので、
関心をお持ちになり、何度もご訪問いただいた方も
いらっしゃるのではないかと思います。

楽しみにお待ち頂いていた方には
お待たせしておりますことを心よりお詫び申し上げます。

2015年は、皆さまにとってどのような1年だったでしょうか。

私自身にとっては大きな出来事がいくつかありまして、
その中で、9月末に病気入院中だった父が亡くなったことは、
言葉に言い表しようのない哀しみをもたらしました。

3ヶ月が経とうとしていますが、
今、この文章をやっとの思いで綴っているところです。

人は、いつかは死を迎え、
年齢の順序から考えれば、
親が先に旅立つのは自然の流れであり、
私の場合、医師から父の容体について
厳しい状況も聞いておりましたので、
“その時”の覚悟はしていたつもりだったのですが、
それが現実になった時、

「父は病気や諸々から解放されたんだ」
と、自分を納得させようとする理性と、

「お父さん、死なないで!」という感情がせめぎ合い、
中々折り合いをつけることができませんでした。

受け入れるしかないのに、
どうしても受け入れられない。

私はこれまで後悔をしない
選択を心がけて生きてきたつもりですが、
色々色々考えてしまいます。

「樹静かならんと欲すれども風止まず、
子養わんと欲すれども親待たず、
往きて来らざるものは年であり、再び見るを得べからず」
                            (韓詩外伝)

心模様は、風樹の嘆。

父の「魂」というものが存在するのならば、
どうか安らかでありますように。

年の締めくくりに重々しい私的な事柄を綴り恐縮です。

もう少し明るい話題にすべきかとも考えたのですが、
このような仕事に携わっている性質上、
普段からお客様のごくごくプライベートなことをお聞きすることも多く、
私自身、既にこれまで個人的なことも多く記述してきましたので、
気持ちに蓋をするよりは本音で、
そして、自分自身の心のけじめをつける心づもりで
綴らせていただきました。

この短い文章が、
お読みいただく方の心に触れ、
ご家族や大切な人に想いを巡らせる一つのきっかけとなれば幸いです。

今日の宮崎は雲一つない快晴です。

すっきりと晴れ渡る目の前の空のように、
晴れやかな気持ちで新年を迎えたいものですね。

さて、文末でのご案内となりましたが、
年末年始の営業について下記の通りご案内申し上げます。

☆現在、個人鑑定をお申込み中の、
メールでやりとりをさせて頂いているお客様に関しまして

大変お待たせしており申し訳ありません。
メールでご案内をさせて頂いております通り、
年内には間に合うようにお届け致します。

☆お問合せ並びに個人鑑定のお申込みについて
12月29日から1月5日までは
お問合せや個人鑑定の受付は行っておりますが、
ご案内等の対応は1月6日(水)以降とさせて頂きます。

☆数秘術講座について
予定をずれこませてしまい申し訳ありませんが、
年明けにあらためて当ウェブサイト上にて
詳細のご案内をさせて頂きます。

※お問合せを頂いたお客様に関しましては、
個別にメールでもご案内をさせて頂きます。

皆さまが希望と活力に満ちた2016年を迎えられますことを
心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございました。