Main menu:

ソクラテス

(紀元前469年~紀元前399年)

古代ギリシャの哲学者であるソクラテスは、自分自身の著作を行わなかったため、その思想は弟子のプラトンやアリストテレスなどの著作を通じて紹介されています。

ソクラテスの思想形成のきっかけは、アポロンの神託所にてソクラテスの友人が巫女に、ソクラテス以上の賢者が存在するかを尋ねたことに対して、「ソクラテス以上の賢者は一人もいない」と答えられたことにあります。

自分自身が賢明ではない者であると自覚していたソクラテスは驚き、それが何を意味するのか悩み、自問し、そして世間で評判の賢者たちに会い、その人々が自分より賢明であることを明らかにして神託を反証しようと試みました。

ところが、実際に自他共に賢者であると考えている政治家や詩人と話してみると、彼らは自ら語っていることをよく理解しておらず、逆にソクラテスが彼らに説明をするはめになりました。

こうした経験を経て、ソクラテスは神託の意味を「知らないことを知っていると思い込んでいる人々よりは、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢く、知恵の上で少しばかり優っている」ことを指していると理解するようになったようです。

それからのソクラテスは、家庭も省みず極貧生活も厭わずに歩き廻っては出会った賢者たちの無知を指摘していくことをライフワークとするようになりました。

ちなみに、ソクラテスの妻は世界三大悪妻の一人とされていますが、それは後世の作り話であるとも言われます。

ソクラテスの言葉に「ぜひ結婚しなさい。よい妻を持てば幸せになれる。悪い妻を持てば私のように哲学者になれる。」というものがあります。

悪妻だったから哲学者になったのか、それともソクラテスの独特の考え方や行動が悪妻と言わしめる行動に繋がったのか・・・それは当事者にしかわからないことですね。

→プラトン解説へ