Main menu:

人生の4時期の傾向

数秘術では、9年周期のほかに、人生を4つの時代に分けてそれぞれの時期の傾向を見るフォーピークスという考え方があります。

4つの峰であり、それぞれの時期に頂点数と試練数というその時期を象徴する数字があるのです。

頂点数は、一般的に恵みをもたらす影響力を与えられるといわれ、その期間にあなたが出会う出来事や人、環境や体験を暗示します。

試練数は、あなたの課題となる内側の限界・恐怖・障害を暗示し、物事がうまくいかない原因や、同じ問題が繰り返し現われる理由、あなたの課題や学ぶべきことが見えてきます。

これらを知った上で過去を振り返ってみると、自分自身のこれまでの傾向がよくわかり、さらに今後の傾向を知ることで、将来の計画を立てるのにとても役立つと言えそうです。

→数字の意味へ

→これら様々な秘数を用いてあなたご自身を総合的に見つめてみませんか?(個人鑑定のご案内)