Main menu:

数秘術の起源

ここでは、数秘術の歴史について簡単に触れてみたいと思います。

最も古い起源としては、今を遡ること数千年、ギリシャ、ローマ、エジプト、中国、古代インドなどで数秘術の概念があったとされており、マヤやチベット、フェニキア、ケルトでも数秘術が使われていたと言われています。

他に、紀元前2000年の古代バビロニアが数秘術の起源とする説もあります。

また、それらを示す証拠が存在するとも言われていますが、当時は許された者にのみ口伝で伝えられていたため数秘術に関する書物は殆ど発見されておらず、本当の起源は実際のところ定かではないようです。

→古代の哲学者たち解説へ